目とアントシアニンの関係

目とアントシアニンの関係について。目の健康維持に効果的だとされる栄養素アントシアニン。アントシアニンとは植物に含まれている色素の一種で、紫色の植物に含まれていることで知られています。具体例を上げるとなればブルーベリーといったものです。目とアントシアニンの関係について見ていきましょう。

アントシアニンの働き

アントシアニンはどのように目の健康維持に貢献しているのかというと、アントシアニンが目の網膜に存在するロドプシンという物質の再合成を高める働きがあります。このロドプシンは視力を維持するには欠かせない物質であり、これが不足すればするほどわたしたちは目の不調や不快感におさわれえるようになります。しかしこれをアントシアニンは防いでくれるのです。

紫色のアントシアニン

アントシアニンは紫色の色素であるので、むらさき色の食材や植物に含まれています。代表的なのがブルーベリーで、他にもカシスやアサイー、クランベリーなど、そして野菜にも含まれており、具体的にはナスビやむらさきキャベツ、むらさきタマネギといった野菜が例ですね。こういった食事を食べることである程度のアントシアニンを補給することはできます。しかし目の健康維持に貢献する意味では食材だけでは正直足りないところ。そこでおすすめしたいのがアントシアニンサプリメントなのです。